介護ロボットは、介護をされる側、そしてする側の両方をサポートしてくれるロボットです。
被介護者に安心を与え、介護者には体力的・精神的なサポートができるので、より現場を豊かにしてくれる働きがあるでしょう。

介護ロボットのメリットは!?

先にも述べた通り介護ロボットのメリットといえば、介護者や非介護者の負担の軽減です。
日本全国どこを見ても、高齢化は進むのに介護スタッフは不足がちという現状がまずあります。
介護は施設だけでなく家庭内でも大きな問題になっています。
在宅での介護者が陥る介護疲れなどを解決できるためのツールとして介護ロボットはますます注目されるはずです。


テレビでも「介護負担の軽減が高まるロボット!」として紹介されています。

2017年9月28日放送

 

年々需要が高まるといわれる介護用ロボットは、あらゆる施設でいちどくらいは検討しているといっても過言ではないようです。
ですが介護の現場の声を聴いてみると賛否両論あるようです。まだまだ改善や改良の余地があるので、今後の期待感は高く持てるのではないでしょうか。

また厚生労働省では、「ロボット技術を活用した福祉用具」これを介護ロボットと定義しています。
医療用ロボットとは違い製造や販売の許認可は不要という点も特徴のひとつです。